空き家対策特別措置法で固定資産税が激増する?

こういった空き家や土地をお持ちではないですか?

↓↓↓↓↓

空き家対策特別措置法,固定資産税,激増,空き家,売る

 

もしお持ちなら・・・

 

それ、危険ですよ!!!

 

なぜかというと、空き家対策特別措置法で強制的に空き家が撤去されたり、固定資産税が激増してしまう可能性があるから!

 

当サイトでは空き家対策特別措置法の内容と回避方法をご紹介します。

空き家対策特別措置法の内容と狙い

空き家対策特別措置法とは”古い家屋を所有している個人”に対して”国”から改善の指導や勧告、最終的には強制撤去されるというものです。

 

”古い家屋を所有している個人”というところに国の狙いがあります。

 

近年、古い家屋の壁が崩れて、外を歩いている人が大ケガをするという事故が増えており、ニュースでも目にすることが増えています。
この古い家屋ですが、少子高齢化の影響もあり、増加することが予想されています。

 

つまり、国としては”古い家屋を修繕するか、解体させて壁の落下などの事故を未然に防ぐ”というのが狙いなのです。

 

なお、修繕費用、解体費用は全額土地所有者持ちです。

 

ここで空き家対策特別措置法の内容を詳しくご紹介します。

空き家は強制的に解体される可能性がある

空き家対策特別措置法では最終的に強制的に空き家を解体される可能性があります。

 

強制的に解体されるまでの流れは以下の様になっています。

改善への助言及び指導→勧告→命令→強制対処

 

なお、強制対処となった場合は国が解体業者を選定し、発注しますがその費用は土地所有者持ちとなります。

 

国が選定する解体業者は費用が高いです。

 

固定資産税が激増する可能性がある

改善への助言及び指導の次のプロセスに勧告というものがありますが、勧告を受けると”固定資産税の特例対象から除外”されます。

 

最大で4.2倍に増額されてしまうので改善への助言及び指導の段階で対処する必要があるでしょう。

 

空き家対策特別措置法の回避方法!

空き家を修繕するのも解体するのもお金がかかる・・・できればお金をかけたくない!と思うことでしょう。
空き家対策特別措置法の回避方法で一番簡単なのは”その物件を手放してしまうこと”です。

 

要するに家を売ってしまえば良いんです!

 

スマイスターという不動産一括査定のサイトなら無料かつたった45秒で数社一括査定してもらうことができます。

 

同じ物件でも査定してもらう不動産会社によって値段が数百万単位で違うこともあるので試しに無料一括査定してもらいましょう。

 

▼スマイスターで無料一括査定する!▼